2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
※色塗り部分は海外工場の定休日でございます。発送の方は停止ですが、ご注文は休まず承っております。

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

売れ筋商品

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

スタッフ日記

【09月30日】10月01日〜08日の間、海外工場の方は建国記念日及び中秋節の連休のため、弊社の商品の発送が09日以降となりますので、ご理解くださいませ。なお、ご注文のほうは、通常通り承っております。

お問い合わせメール

MAIL:staff@princessdays.jp
お問合せ大歓迎です♪

モバイル

【姉妹店】 チャイナドレスのChina Princess

Feed

twitter mixi facebook

役に立つファッション用語辞典


----------------------------※ 一般用語 ※----------------------------

ハイファッション(high fashion)
オート・クチュールのように、上流裕福階級の人々が着用する、ファッション性の高い最先端の流行服、高級な衣類のこと。あるいはそのように見えるファッションをいう。また、流行の最先端をいくような斬新なスタイルのこともいう。
ワードローブ(wardrobe)
衣装戸棚。洋服だんす。また、個人の持ち衣装やその人のもつ衣装の組み合わせの数、ファッション専門用語における衣装計画のことを指す。
テーラード(tailored)
紳士服仕立ての婦人服。また、紳士物風の婦人服。ドテーラーメードと同じで、婦人服仕立てのやわらかい仕立て方に対するよび名。
セパレーツ(separates)
上下に分かれ、それぞれ他の服と組み合わせて着る婦人服。「切り離す、引き離す」の意で、婦人服ではジャケット、ブラウス、スカートを自由に組み合わせて着られるようになったものを指す。
マヌカン(フランスmannequin)
「ファッション・モデル」のことで、もともとはマネキン人形のことをいう。それが広く生きた人間モデルの呼称となり、一般語化した。
オートクチュール(haute couture・オーダーメイド
デザイン画を起すところから始まり、思い通りのドレスを作ることができる。オートクチュールは完成までかなり時間掛かるため注文はお早めに。
クチュリエ(フランスcouturier)
服飾デザイナー。特に、パリのオートクチュール組合に加盟する高級服飾店のデザイナー。メゾンのデザイン責任者として、デザイン、裁断、縫製、営業宣伝活動に至るまで全ての分野を統括する役割を担っている。女性の場合はクチュリエールと呼ばれる。
プレタ・クチュール(フランスpret-à-couteure)
セミオーダーのこと。基本となるサンプルドレスに好みのパーツを加えるなどして、オリジナルのドレスを作ること。プレタ・ポルテとオート・クチュールの合成語。
プレタポルテ(フランスpret-à-porter)
ショップで販売されている既製品のドレス。レンタルよりサイズ調整が効くメリットがある。 すぐに着られる服、既製品の意味をもつ。日本では高級既製服とも呼ばれ、一般の既製服と区別した高級品のこと。
ジューンブライズ(June bride)
6月に結婚する花嫁を「ジューンブライズ」と呼び、6月に結婚すると幸せになると言う言い伝えがあります。由来は多数ありますが、もっとも一般的なのは、ローマ神話に登場する女神ジュノーの月が6月だからと言われています。女神ジュノーは女性の守り神であり、婚姻を司る神様であるため、6月に結婚をすると幸せを一生約束してくれるといった言い伝えが生まれました。
サムシング・フォー(Something Four)
「サムシング・フォー」とは、結婚式における欧米の習慣のことで、結婚式で花嫁が4つのものを身に着けると幸せになるという言い伝えです。1つめは「なにかひとつ古いもの」で、先祖・伝統などを象徴するもの。(先祖代々受け継がれた宝飾品や結婚衣装など。)2つめは「なにかひとつ新しいもの」で、これからの新生活を象徴し、新調したものを用意します。(ロング手袋などが一般的です。)3つめは「なにかひとつ借りたもの」で、友人との縁を象徴し、既婚の女性より幸せをあやかると言われています。(ハンカチが一般的です。)4つめは「なにかひとつ青いもの」で、聖母マリアのシンボルカラーである青色は、純潔を象徴し目立たない場所に付けるのが良いとされています。(一般的には白いガーターに青いリボン飾りをつけます。)
ライス・シャワー(rice shower)
ライスシャワーとは、新郎新婦にゲストがライスを降り注ぐセレモニーのことをことです。教会式の場合の挙式終了後、教会・チャペルの外に出て来る新郎新婦に対して行われます。米は豊かな恵みと子孫繁栄の象徴とされ、ライスシャワーは欧米の伝統的な風習で、新郎新婦の今後の豊かな人生と子宝に恵まれることを祈ったものです。最近ではライスではなく花びらを降り注ぐフラワーシャワー(悪い運から、花の香りで新郎新婦を守り、幸せを祈るという意味合いがあります。)や、紙ふぶきを降り注ぐペーパーシャワーなどがあります。
6ペンスコイン(6pence coin)
結婚式で新婦の左靴の中に6ペンスコインを入れておくと、裕福な家庭に恵まれると言うイギリリスのおまじないです。現在ではこのコインは製造中止となっており、古銭や他のコインを代用することもあります。

----------------------------※ ドレス・種類 ※----------------------------

ウェディングドレス(wedding dress)
新婦が挙式時に着用する婚礼衣裳。一般的にドレスやベールグローブなどの装飾品は、清純さを表すために白色を基調としている。
お色直し
披露宴の途中で新郎新婦が衣裳を替えることをお色直しという。結婚して4日目から色物の衣服を着ることが許された経緯を式の中で済ませるようになったという説や、花嫁道具の中の衣裳をお披露目していた名残という説、ウェディングドレスからお色直しのドレスへ変身するのは、真っ白な花嫁が、「パートナーの色に染まる」という説等がある。

----------------------------※ ライン・スタイル ※----------------------------

ミディ丈
膝丈または、ふくろはぎの中間ぐらいまでの長さのスカートのミニ・ウェディングドレス。ストッキングやシューズで個性的なおしゃれも楽しめる。
エンパイアライン(empire line)
バストのすぐ下に切り替えがあり、ハイウエストが特徴のクラシックなラインのドレス。ウエストを締め付けないため、マタニティの花嫁にも人気。古代ギリシャの服装をモチーフを求めた一種のリバイバル・モードとされる。エンパイアとは「帝国、皇帝の統治」という意味をもつ。
マーメイドライン(mermaid line)
膝下辺りから人魚の尾ひれのような広がりを持たせたデザイン。マーメイドラインはボディーラインを強調する、上品でゴージャスな雰囲気に。裾の広がりは、フレアー、ギャザー、タックなどを使って表現することが多く、リーニュ・ポワソンと同義語。
Aライン(A line)
Aラインとは上半身から裾に向けて、スカートが「A」の文字のように自然に広がっているデザインのことで、テントライン、トライアングルライン、ピラミッドライン、トラペーズラインといった別名をもつ。縦のラインが強調され、スタイルよく見える。1955年、春夏のコレクションで、クリスチャン・ディオールが発表したルーズシルエットが、今や一般化して定着している。
プリンセスライン(princess line)
ウエストから裾にかけて、スカートを大きく膨らませ、ボリュームを持たせたデザインで、ドレスやワンピースをウエスト部分で切り替えず、裁断しない一続きの布で体にそわせるため、縦の切り替えを駆使したシルエットをいうプリンセスラインは気になる下半身をカバーでき、何よりキュートな雰囲気が演出できるシルエットは、長年、多くの女性から、多彩なアイテムに取り入れられて幅広く愛されている。
オーバートレーン(over train)
着脱ができるタイプのトレーン。挙式後には長いトレーンを引いて厳かに、パーティーでは取り外して軽快に、と2ウェイで着こなせるのでお色直しがない場合におすすめ。
スレンダーライン(slender line)
体のラインに沿った細めのシルエット。スレンダーラインにはシンプルなデザインが多く、エレガントな大人の女性を演出。背の高い人によく似合うドレスライン。スレンダーとは「細い、ほっそりとした」の意味で、スリム・ライン、ペンシル・シルエットと同義語。
ベルライン(bell line)
ベル(鐘)のような形のシルエトで、ウエストを絞り、腰から裾に向けてふわっと広がり、裾の端が軽く反り返ったデザイン。ベルラインはやせ気味の体型でも華やかに見える。
バッスルスタイル(bustle style)
スカートの後ろの部分にバッスルと呼ばれる腰当や枠を入れて後ろ腰を大きく膨らませたデザイン。17〜19世紀に流行したファッションで、クラシックな会場にぴったり。サイドから見たラインも美しい。日本では「鹿鳴館スタイル」として知られている。

----------------------------※ デザイン(design) ※----------------------------

アメリカン(American)
首の付け根から袖下まで大きく斜めにカットして肩を露出した袖のデザイン。アメリカンはノースリーブよりも更に腕のラインを美しく見せてくれる。
オフショルダー(off shoulder)
両肩が出るネックラインのデザインで、華奢に見える効果がある。オフショルダーは肩幅の広い人や面長の人におすすめ。二の腕もカバーしてくれる。
ワンショルダー(one shoulder)
ワンショルダーとは片方の肩だけを露出させた、アシンメトリーなデザイン。ショルダー部分にコサージュをプラスすれば洗練された雰囲気に。イブニング・ドレスやリゾート・ウェアなどによく用いられるデザイン。
ドレープ(drape)
布を垂らしたときにできるゆったりとしたひだ、自然に出来たたるみ、またはシルエットをより優雅に見せるための意識的にデザインに取り入れたものをドレープと言う。エレガントな印象を与える。衣類や掛け布などを優雅にまとわせるという意味をもつ。
スクエアーカット(square cut)
その名の通り、胸元をスクエアに切り取ったような形。スクエアーカットは肩から胸元をシャープに見せ、小顔効果も。
ハートカット(heart cut)
ハート型にカットされたネックラインのことをハートカットという。胸元がとっても可愛らしい印象に。首が長く見えるため、体型カバーにも使える。ハート・シェイプド・ネックライン、スイートハート・ネックラインともいう。
バイアス‐カット(bias cut)
布地を斜めに裁断して衣服に仕立てていく方法のこと。動きと柔らかさが表現できる。1920年代にフランス人デザイナー、マドレーヌ=ヴィオネによって開発された。
スカラップ-カット(Scallop cut)
スカラップとは帆立貝のような波形にカットされた装飾的な縁のこと。襟やスカートの裾(すそ)、帽子のへりなどに使われる。
ビスチェ(フランスbustier)
胸元が大きく開き、肩のラインの美しさを強調したライン。シンプルなスタイルなので、インパクトのあるネックレスなどでアクセントを。本来は肩紐のない丈の長いブラジャーをいうフランス語で、現在ではバストラインの上部で水平にカットされ、ジャージーなどで作られたものが多い。
ひだ
衣服や布地などにつけた細長い折り目。
トレーン(train)
ウェディングドレスなどに見られる、長く後に引いた衣服の裳裾のことで、現代では主に後方に引きずるドレスの裾部分のことをいう。長いほどエレガントな雰囲気に。1.5M以上の長さのトレーンをカテドラルと呼ぶ。トレーンはトレインと同じで「列車、列、連続」の意味を持ち、後ろに引きずるものということに由来している。
パフ(puff )
肩先と袖口にギャザーを寄せて、袖がふわっと広がったガーリッシュなデザインをパフという。二の腕が気になるのなら強い味方に。パフとは「ふくらませる」の意で、バブル・スリーブと同義語。
ハーフ(half)
二の腕をすっぽり隠してくれることで人気の袖のデザイン。ラインはシンプルだが、素材選びで雰囲気が変わる。肘くらいまでの長さの袖の総称で、半そでと同じ意味をもつ。
パゴダ(pagoda)
可憐なイメージにぴったりの、上部が細く袖口がラッパのように広がった袖のタイプ。パゴダの長さに3段、5段などに重ねるバリエーションもある。パコダとは東洋の仏塔のことをいう。
サーキュラー‐スカート(circular skirt)
サーキュラーとは、「円形」の意味で、ウエスト部を中心にしてスカートを広げたとき、全体が円形になるスカートのこと。ウエストから裾へ美しいフレアが波打つのが特徴。
ベア‐トップ 【bare top】
背.肩.腕を露出したスタイルの衣服。サンドレス、イブニングドレスなどに見られる。
ボレロ(Bolero)
スペイン風の短いジャケットをさし、前をあけて着る、ボタンのない女性用の短い上着。結婚式ではシンプルなドレスの上にボレロを羽織って2WAYドレスとしたり、挙式で肌の露出を抑えるために羽織ったりします。
ティアード.シルエット(tiered silhouette)
ティアードスカートとは、ギャザーで横に何段も切り替えたスカートを指します.ティアードスカートは、重なったという意味のティアードが由来です。ギャザーやフラウンス(ヒダ飾り。フリルよりも幅が広い)、タックで切り替えるほか、丈の違うストレートスカートを幾段も重ねることもあります。ボリュームスカートとも呼ばれていて、女らしさ、かわいらしさ、ロマンティックな雰囲気を演出するスカートです。
ティアードドレスは、切り替えが段々に入っていたり、スカートが段々に重なっていたり、フリルが横に何列かついているデザインのドレスのことをいいます。袖はフラウンスを重ねたり、横に切り替えてギャザーを寄せたものをティアードスリーブと呼びます。またティアードシルエットは、フラウンスを何段も重ねたシルエットのことです。
エンパイア.シルエット(empire silhouette)
エンパイア.シルエットとは19世紀初頭のフランスのナポレオン第一帝政時代に流行した古代ギリシャ風のスタイルのことをいう。大きなネックライン、パフ.スリーブ、ハイウエストで細身のスカートの直線的なシルエットからなる。エンパイアとは帝国の意味でありフランス語では同じつづりでアンピールと読む。

----------------------------※ ドレス小物 ※----------------------------

ウェディングベール(wedding veil)
シースルー素材で作られた、女性の顔や頭を覆う薄い布のこと。挙式時、新郎のもとにたどり着くまでベールを降ろしているのは、悪魔から花嫁を守るという意味がある。最後の身支度として、母親がベールを降ろすことをベールダウン、誓いのキスで新郎がベールを挙げることをベールアップと言う。
クラウン(crown)
王冠のような形をしたヘッドドレス。正面だけでなく、どの角度から見てもそのデザイン性を確認できるので、挙式時など、後ろからの視線にも美しく映える。小さめのミニクラウンが最近人気。
ティアラ(tiara)
皇族の婚儀にも用いられるヘッドドレス。宝石がちりばめられた宝冠の意味があり、ジュエリーなどでゴージャスに飾られ華やか。大きさは様々まで、幅10cm程度のミニティアラが最近の人気。
カチューシャ(katyusha)
髪留めの定番。エクステンションとの境目をカバーする小物としても利用。カチューシャはビーズやパールなど、素材を選べるのも魅力。
グローブ(glove)
花嫁の手元は注目が集まるので、ウェディングドレスカラードレスとセットになっているのが一般的。グローブはサテンやレースといった素材のバリエーションに、長さも手首までのショートグローブから、二の腕が隠れるほどのロンググローブまでさまざま。
ヘッドドレス(headdress)
ドレス着用時に頭に付ける飾りの総称。ヘッドドレス(ヘアドレス)はティアラ、クラウン、ボンネ、カチューシャ、生花、帽子などの様々な種類があり、ベールとは別に考えられるのが一般的。
マリアベール(maria veil)
花嫁が使用するベールの一種で、レースなどの縁取りが施された円形の一枚布を、顔を隠さずに頭からふんわりとかぶるタイプ。マリアベールは聖母マリアをイメージさせる厳かな雰囲気からその名が付いた。
コイフュア
生花で作られたヘアドレス(ヘッドドレス)のこと。コイフュアは、正式にはオレンジの木の白い花とされたが今は自由に選べるので、ブーケの花と合わせても。
コサージュ(corsage)
お花をモチーフとしたアクセサリー。コサージ、コルサージュとも。ヘアアレンジのアクセントとして大変人気です。一つつけるだけでぐっと華やかになるうえ、枯れることがないので結婚記念にもなります。もともとは女性が胸や肩につける小さな花束のことで、生花を用いました。胸につけるものをコサージュと呼び、肩につけるものはショルダー.コサージュと呼びます。胸元にコサージュをつける場合は左胸に。新郎が胸につけているものはブートニアと呼びます。
ラインストーン(rhinestone)
ラインストーンは、ファセット.カットされた水晶、ガラスまたはアクリル樹脂製のダイヤモンド類似石を指す。模造宝石の一種で、今日では裏面に金属を真空蒸着したもの一般的である。なお宝石の模造技法としてはフォイルバックと云う。
ストラップ(strap)
広義には紐の総称であるが,厳密には皮,布,組物などの平紐の意。一般には,女性用下着ドレスの肩吊紐,袖口を絞るためにつけられた紐などをさす。

----------------------------※ ドレス下着 ※----------------------------

スリーインワン(three in one)
ブラジャー・ガードル・ガーターベルトが一体化したドレスインナーの一つ。スリーインワンに組み込まれたワイヤーが全身をシェイプしてくれる。
パニエ(panier)
パニエは下着、ファウンデーションの一種でスカートを膨らませるため、張りのある素材で作られたアンダースカート、もしくはペチコート。のこと。18世紀にヨーロッパでドレスなどのスカートを美しい形に広がらせるため、ドレスの下に着用したのが始まりである。現在も形は異なるもののアンダースカートとしてウェディングドレスやワンピースを膨らませる用途で用いられている。
マタニティウェア(Maternity wear、Maternity clothing、妊婦服)
マタニティウェアとは、妊婦用として作られている衣服の総称。マタニティドレスとも呼ばれる。

----------------------------※  素材  ※----------------------------

オーガンジー(organdy)
透けて見えるほど薄く、さらっとした手触りの生地。オーガンジーはしなやかな張りと光沢があり、スカートなどに何枚か重ねて使うとソフトなラインに。
サテン(satin)
シルクに代表される、上品な光沢と滑らかな感触の生地。サテンはドレスではよく使われ、格調高く華やかな雰囲気に。
シャンタン(shantemps)
縦糸に生糸、横糸に節のある玉糸を交差して織られた生地。シャンタンの表面はつや消しで張りがあり、モダンな大人イメージに。
タフタ(taffeta)
薄い生地で、美しい張りが特徴の生地。タフタはギャザーを寄せたクラシックなデザインによく使われる。シルクタフタにはなんとも言えない高級感がある。
シフォン(chiffon)
極めて薄手の平織生地。元来は絹を用いたが、今ではシルクテイストの素材が主流。 シフォンは縦横1本ずつ交互に組み合わせた平織で、その上品さが珍重され、イブニングドレスやボリュームスカートに使われる。
チュール(tulle)
2本の縦糸が網状に絡み合った、目の細かい織物。チュールは張りがあり、シワになりにくいのでベールやドレスの装飾に用いられる。
ジャージ(jersey)
反物状に編まれた柔らかく伸縮性のある厚手のメリヤス地のニット布。またはニットの総称で、織物と同じように裁断・縫製するもの。洋服地に広く用いられている。ジャージーの語源は、英国のジャージー島で作られたニットからきているといわれている。
ツイード(tweed)
ツイードとやや太い羊毛を用いて平織りまたは綾織りにした、粗くざっくりした感じの紡毛織物。現在ではこれに似た太番手の紡毛糸で織ったものをいう。スコッチ。
インジゴ(indigo)
《「インディゴ」とも》青色の染料。藍(あい)から採取したが、現在は主にコールタール類から合成される。藍。青藍(せいらん)。藍(らんてん)。インド藍。
スモッキング(smocking)
スモッキングとは布に細かくひだをとり、ひだ山を刺繍(ししゅう)糸で模様をつくりながらとめていく手芸。スモックに用いられることからこうよばれるようになった。婦人のブラウス、エプロン、子供服などに施されることが多い。
ラッフル(ruffle)
《ひだ飾りの意》礼装用のドレスシャツなどの胸に付けられる飾りのことをラッフルという。布片をギャザーにしたり、プリーツ、フレアにしたりして前立ての脇に首元から裾(すそ)あたりまで付けられる。フリルと同義語だが、一般的にフリルよりも幅が広いものをいう。
ズック(doek)
綿または麻を用いた厚地の平織り布でキャンパスのことをいう。帆布・テント・かばん・靴などに用いる。ズックは布を表すオランダ語のダック〔doek〕が訛った言葉といわれている。
ベルベット(velvet)
ベルベットは、平織か綾織の経糸にパイルを織り出したパイル織物の一種である。 ビロード(ポルトガル語: veludo、スペイン語: velludo)や天鵞絨(てんがじゅう)、とも呼ばれる。
柔らかで上品な手触りと深い光沢感が特長で、フォーマル.ドレスやカーテンに用いられる。レーヨンや。シルクが一般的。縫いずれし易く、きれいに縫製するには高等な技術が必要である。
ベロアと見た目では区別がつきづらく混同され易い。どちらも製品としては同じであるが、製法に違いがある。製法の特性により、一般にベロアはストレッチ性のある。ニット素材を指す。
ブロケード (brocade)
色糸や金銀糸で浮出し模様を表した織物。おもに絹だが綿,化繊,合繊もある。多くはジャカード機で織るが,手工芸的な綿,緞子,刺繍によるものなども含まれる。
カシミヤ(cashmere)
カシミヤは、カシミアヤギ(山羊)から取れた毛、または、それから織った毛織物である。 毛質は細く、柔軟で独特のぬめりがある。保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされる。
毛が細く密度が高いが軽く、暖かく、上品な光沢もあり、肌触りが良いとされ、その高価さもあいまって「繊維の宝石」とも呼ばれる。
元の色はホワイトカシミア、グレーカシミア、ブラウンカシミアがある。
品質は、毛の細さ、白さ、長さが基準となる。細いほどしなやかな光沢がでて、肌ざわりも柔らかい。白ければ漂白が不要で傷みが少なく、きれいな染色が可能である。毛が長いと、紡績中にほどけて糸が切れたり、抜け毛で毛玉になるのを防ぐことができる。

ピックアップ商品



    サイズオーダーについて2011年春夏新作ドレス2011年春夏新作ドレス撮影メイキング花嫁様へのご挨拶自分に似合うカラー